« [R]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る | トップページ | [Octave]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る »

2019年6月25日 (火)

[R]スプライン関数によるデータの平滑化

smooth.spline関数を使う。Rの初期状態で使うことができる。以下、実行例。

> x <- c(1, 2, 4, 6, 8, 16)
> y <- c(0, 1, 2, 4, 3, 5)
> r <- smooth.spline(y ~ x, all.knots = TRUE)
> estx <- seq(min(x), max(x), length.out = 80)
> esty <- predict(r, estx)$y
> plot(x, y)
> lines(estx, esty, col = "red")
> print(r)
Call:
smooth.spline(x = y ~ x, all.knots = TRUE)
Smoothing Parameter spar= 0.5378882 lambda= 0.006212978 (14 iterations)
Equivalent Degrees of Freedom (Df): 2.943406
Penalized Criterion (RSS): 1.55995
GCV: 1.001812

Figure1 

« [R]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る | トップページ | [Octave]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る »

R (数値計算)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [R]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る | トップページ | [Octave]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る »