« [R]スプライン関数によるデータの平滑化 | トップページ | [R]階乗を計算する »

2019年6月25日 (火)

[Octave]標準正規分布に従う確率変数(乱数)を得る

randn関数を使う。引数には、発生させる乱数の数を与える。

> randn(1)
ans = 2.9256
> randn(3)
ans =
0.14849 -1.65450 -0.63153
1.00336 0.56755 0.23638
0.13845 -0.40872 1.38998

引数が1つの場合は、乱数からなるその次数の正方行列を返す。引数を2つ与えると、任意の大きさの行列を返す。

> randn(3, 2)
ans =
1.229068 -0.953506
0.579371 -0.849324
-0.082636 0.257047

« [R]スプライン関数によるデータの平滑化 | トップページ | [R]階乗を計算する »

Octave」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [R]スプライン関数によるデータの平滑化 | トップページ | [R]階乗を計算する »