R(リスト)

2022年8月25日 (木)

[R]リストの要素を逆順に並び替える

rev関数を使う。

> n <- 1:3
> s <- c("A", "B", "C")
> d <- c(2.4, 6.8)
> lst <- list(n, s, d)
> print(lst)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
[[3]]
[1] 2.4 6.8
> print(rev(lst))
[[1]]
[1] 2.4 6.8
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
[[3]]
[1] 1 2 3

2022年8月12日 (金)

[R]リストの要素数を調べる

length関数を使う。

> n <- 1:10
> s <- c("A", "B", "C")
> lst <- list(n, s)
> print(lst)
[[1]]
[1] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
> length(lst)
[1] 2

2022年8月 5日 (金)

[R]リストに要素を追加する

append関数を使う。デフォルトでは最後に追加する。特定の要素の後に追加したい場合は、afterオプションに挿入前のインデックスを指定する。

> n <- 1:3
> s <- c("A", "B", "C")
> d <- c(1.1, 2.2, 3.3)
> lst0 <- list(n, s)
> print(lst0)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
> lst1 <- append(lst0, list(d))
> print(lst1)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
[[3]]
[1] 1.1 2.2 3.3
> lst2 <- append(lst0, list(d), after = 1)
> print(lst2)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] 1.1 2.2 3.3
[[3]]
[1] "A" "B" "C"

2022年7月27日 (水)

[R]リストをベクトルに変換する

unlist関数を使う。オブジェクトの方が異なる場合は、一つに揃えられるので注意。以下の例では、数値型が文字列型に強制変換されて、ベクトル化されている。

> lst <- list(1:3, c("A", "B", "C"))
> print(lst)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
> unlist(lst)
[1] "1" "2" "3" "A" "B" "C"

2022年7月26日 (火)

[R]リストから要素を取り出す

[ ]演算子と[[ ]]演算子を使う。それぞれインデックスを与える。[ ]演算子は要素をリストで、[[ ]]演算子は要素をベクトルで返す。

> n <- 1:3
> s <- c("A", "B", "C")
> lst <- list(n, s)
> lst[2]
[[1]]
[1] "A" "B" "C"
> lst[[2]]
[1] "A" "B" "C"

2022年7月25日 (月)

[R]リストの宣言と初期化

list関数を使う。

> n <- 1:3
> s <- c("A", "B", "C")
> lst <- list(n, s)
> print(lst)
[[1]]
[1] 1 2 3
[[2]]
[1] "A" "B" "C"
無料ブログはココログ